« 焚き火キャンプと金峰山運用(登山編) | トップページ | バイクで板橋RC蛭ヶ岳迎撃 »

2011年11月 5日 (土)

エンペックス コンパッサ

P1010195

腕時計が苦手な当局は、山歩きの際にHIGHGEAR(ハイギア)トレイルドロップをザックのショルダーや、ウエストベルトにぶら下げて歩いています。
それなりの値段なので十分満足な製品なのですが、電池交換するとネジが馬鹿になり易く、交換する度に馬鹿の箇所が増えます(^^ゞ
おまけに電池がSR936SWと、その辺では直ぐに手に入らない型番なので、予め通販で入手する必要があり面倒です。

なのでトレイルドロップに代わる製品が無いかと色々探した結果、エンペックスのコンパッサを購入してみました。

P1010183機能的にはトレイルドロップと似たようなもんで「・コンパス・時計・カレンダー・ストップウォッチ・温度計」です。脱着可能なストラップ付きで日常生活防水です。そして電池はCR2032と入手し易いものを使っているし、ネジを外すことなく10円玉一つで電池交換出来る仕様になっています。しかし残念な部分もあります。まずでかい!そしてバックライトが無い!暗がりでは別のライトで照らさないと見れない訳です(+_+)そして50gと若干重めではありますが、これはまぁ気にならないかな。あと方位リングって言うのか、液晶の周りにグルグル回るシルバーのリングがありますが、これが子供のおもちゃ位の完成度で、グラグラカパカパ・・・説明書見たら「飾りリング」って書いてありますよ(笑)

P1010199 P1010203

左からEMPEX THERMO-MAX 50・EMPEX コンパッサ・HIGHGEARトレイルドロップです。

それぞれ温度表示がバラバラですが、冷蔵庫で実験した後に撮影した為、常温になるまでの時間差でこうなってます。
常温になってしまえばどれも平均0.5℃位の誤差ですが一番信用できるのはEMPEX THERMO-MAX 50だと思います。トレイルドロップは温度センサーがむき出しなので反応が早く、手に取っただけで温度が変化してしまいます。山を歩いていても、風に吹かれて体感温度を表示するような感じで低めに出るような気がします。

電子コンパスはたまに帯磁したりして大きく狂うので信用が無く殆んど使いません。やはりコンパスはアナログでしょう。

いづれコンパッサにもトレイルドロップの様なリングを付けてザックにぶら下げてみたいと思います。

EMPEX(エンペックス) デジタル多機能コンパス コンパッサ 温度計付き グレー FG-5900

この商品は以前ヤフオクで1000円以下で売ってたのに今は安くとも送料込みで2700円します。1000円以下の時に買っておけば良かったなぁ・・・。

|

« 焚き火キャンプと金峰山運用(登山編) | トップページ | バイクで板橋RC蛭ヶ岳迎撃 »

山道具」カテゴリの記事

コメント

あれこれお持ちなんですね。
このモデルも写真でみると、かなり質感がありそうですが、実物はイメージよりはシンプルなものなのでしょうね。
それから電子コンパスって使ったことないのですが、帯磁して狂うことがあるんですか・・・。それは困りますね。実際にはおかしいと気づくことの方が多いと思いますが、山で信頼性に不安があるものを使うのは恐いですね。
以前、計測器メーカ製ですが家庭用クラスの温度計をまとめて買ったことがあるのですが、精度のバラツキは同程度でした。同じ製品でもそんな状態でしたので、まずまずじゃないでしょうか^^。

投稿: サイタマKM117 | 2011年11月 5日 (土) 22:24

>サイタマKM117さん

この製品は方位リングが台無しなだけで、他の質感はトレイルドロップと同等です。
電子コンパスは金属の近くに置いたりすると知らぬ間に狂ってしまいます。
太陽が出ていたり、コースの方角を熟知している場合は直ぐに気が付きますが、曇天雪山なんて危険でしょうね(^^ゞ
もちろんキャリブレーション作業で直ぐに修正できますが、常にアナログコンパスを首から下げているので気にしません^^。
知りたいのは時間と温度なので十分役にたっています。

温度精度はまぁまぁです。やはり手に持ったりして受ける影響の方が大きいですね。

投稿: チバKX56 | 2011年11月 6日 (日) 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焚き火キャンプと金峰山運用(登山編) | トップページ | バイクで板橋RC蛭ヶ岳迎撃 »