« 雲取山運用 | トップページ | NANGA オーロラ600DX(ショート) »

2010年1月 4日 (月)

PUROMONTE VL-23

20100102_152639 20100102_152710

購入した山岳テントのデビューリポートです。
場所は幕営デビューには最適な、雲取山へ続く石尾根上の奥多摩小屋前にしました。写真は奥多摩小屋前の尾根が見渡せるピークから撮影したもので、赤いのが当局のです。

上から見ると随分吹きっさらしの場所に見えますが、尾根のトップより一段下なのと雪が残っていたので選んだ場所です。(実際はカチコンチンの氷ですが・・・)雷の鳴る予報ではありませんでしたが、どうも立木の真下にテントを張るのは抵抗があるので決めました(^^ゞ

20100102_112058

山岳テントはずっと前から何にしようか悩み続けてましたが、購入したのは PUROMONTE VL-23です。
吊り下げ方式のテントが欲しく、最後までメスナーにしようと思ってましたが、VLシリーズが吊り下げ方式にモデルチェンジしたのをきっかけに購入決定!山道具の多くはシーズン末になると売り切れてしまうので、出て直ぐ購入しました。

尾根道をMTBが走ってます、凄いですね~、ちゃんと山頂まで登られてましたよ

20100102_113713_2プロモンテのHPの写真はVL-33で、短辺側にもガイドが付いているがVL-23にはありませんでした。(某局には「付いている」なんて言ってしまったけど嘘でした(^^ゞ)んでバタつきはどうかな?と思いましたが、結局は前室部分が一番うるさかったです。設営場所が若干前下がりなのが前室を綺麗に張れない原因ですね。また、こんなテントはあっという間に張れると思ったら、整地するのに時間を費やしました。軟らかい雪と氷のミックスで平らにするのが大変です。ペグも地面が凍っていて中々刺さりません出発前に竹ペグも準備しようと思いましたが、石尾根はまだ雪も少ないので用意しなかったし、別に細引きも10m持参しましたが面倒なので使わず張りました。

そして純正のグランドシートも使い、テント本体の汚れと濡れから回避させます。

そんなこんなで山頂到着が12時を回ってしまいました(^^ゞ

20100102_160446

テント内部です。
VL-13の短辺側が100cmあれば迷わず購入でしたが、90cmでは散らかし放題の当局にはちょっと狭いので120cmのVL-23にしました、やはりこれ位広い方が良いですね。寝るだけなら二人で入れそうなサイズですが、二人とも片付け上手でなければ不可能に近いです、この「片付け上手」もテクニックの一つになるんでしょうね(^^ゞ現状では二人で使うなら最低150cmは必要だと思われます。

20100102_163938日が落ちてからのテント内温度は直ぐに-5℃になり、夜は-10℃でした。テント内でバーナーを使うと直ぐに温まりますが、消せば直ぐに冷えます。また寒いからと言って吹流しのベンチレーションを閉じてバーナーを使うと次第に気持ち良くなり、長時間続ければ昇天しそうでした(笑)空間が狭いテントは一番気をつけなければなりませんね。

テントを張った場所が悪く(電波的ロケーション)無線は聞こえるもののレピーターなどアクセスしないのですごく退屈です。気温が低い為に携帯電話など、バッテリー関係は弱々しく使えません。余裕があれば予備のバッテリーを持参して携帯で録画した映画でも観ると良いですね。携帯も圏外でしたし。

お隣のテントは二人組みなので楽しそうな話し声が聞こえますが、こちらは飯を食ったらやる事がないので18時には寝ました(笑)

しかし20時頃、バタバタとフライが騒がしくなり周囲は森を駆け抜ける風の音で山が唸りをあげます。あまりにも凄い音で目が覚めましたが、テント内でも東から風が来てるとか音でわかります。

考えてみれば冬場の気温が低い時は降っても雪なわけだし、バタバタうるさく飛ばされないかと心配するフライは要らないんじゃないかと思いました。靴も凍結が心配でテント内に入れましたし・・・。もっとも厳冬期用フライでスカートを雪に埋めればまた違うのかな?シングルウォールは結露の心配もあるでしょうが、一度ゴアテックスのテントも使ってみたいものです。因みにVL-23の結露は全く無く、フライの内側が凍る位でした。チャックが凍ってしまうコンンディションや降雪時は、やはり厳冬期用フライを用意しないとテントから出れなくなりそうです(^^ゞ

20100103_064646

無事朝を向えまもなくご来光ですが、寒いので二度寝します。ここからじゃご来光は見えるまで時間かかるし(^^ゞ

撤収時に尾根上に張られた方に伺うと、夜は凄い風でテントがしなっていたそうです。こちらの場所はそうでもなかったのでちょっとした位置で違いが出るもんですね。

あとシュラフは何を使ったのか?マットは何?なんて事を知りたい人がいらっしゃるかも知れませんので、また「道具」カテゴリで書きます。
当局が別場所で言っていた「新兵器購入」はシュラフの事でした^^。

一度経験すると何が必要で、何が不用かが少しわかりました。今回一番欲しかったのはピッケルです。それも滑落防止に使うのではなく、凍り付き抜けなくなったペグを回収する為です(笑)
ペグは結局、頭をバーナーライターで炙り回収しました。

夜はやる事なくて時間も長く少し退屈でしたが、装備を色々考えたりして楽しかったなぁ~。こりゃ幕営山行は病み付きですね

|

« 雲取山運用 | トップページ | NANGA オーロラ600DX(ショート) »

番外編」カテゴリの記事

山道具」カテゴリの記事

コメント

よいですなVL-23。これほどのテントじゃなくていいですから、山岳で使えるテントがほしいです。ツェルトならあるんですがさすがにねぇ~^^。この一つ上のサイズから短辺側にも張り綱が引けるんですね。
前室も十分ありそうで、使い勝手もよさそうですね。いいなあ^^~。
ところでこのテント、カタログだとずいぶん軽いのですが、1.4kgはペグ等の付属品も含んだ重さでしょうか?本体+フライだけの重さでしょうか?

ほしいギアはいくつもあるのですが、ちょっとお高くて今は手が出せないです。

投稿: サイタマKM117 | 2010年1月 4日 (月) 21:22

>サイタマKM117さん

重量は本体とフライだけだと思います。
ペグは小型の物に変更してますが、実測は1700g弱あります(笑)前室は靴が2人分置ける位です。
先日はツェルトの方もいらっしゃいました、ポールにVUアンテナを付けて夜通し無線を楽しまれたのだと思います。
きっと片付け上手なんでしょうね、羨ましいです。

まだニッピンで3シーズンテント25,800円で残ってます。
今回位の状況なら3シーズンで十分ですね。

投稿: チバKX56 | 2010年1月 4日 (月) 22:31

おお!いつの間にか冬の幕営山行までされていたとは!
プロモンテを選ばれたのですね。
ダンロップH型を高校時代から20年使った自分としては、嬉しいです。
今はほとんどステラリッジ4ばかり使っています。

投稿: アイチAC623/1 | 2010年1月 5日 (火) 22:44

>アイチAC623/1さん

何もこの時期に幕営デビューしなくてもって感じですが、行ってきました^^。
幕営山行は3シーズンだけやるつもりだったのですが、もっと雪深い所で張りたくなっちゃいました(^^ゞ
厳冬期用のフライが欲しいです。

このテントは中々良く出来てます。若干フライに注文ありですが(笑)

ステラリッジ4とはスゴイ!ご家族皆で大丈夫ですね。
いつかCber各局集めて、みんなで幕営したいものです^^。

投稿: チバKX56 | 2010年1月 5日 (火) 23:31

先日は有難う御座いました。
夜も相当冷え込んだのですね。本格的で吃驚です。

週末聞いたのですが、同業の若いアマ局が同日同場所で幕営していたそうです。
なんでもストックでアンテナを掲げて運用していたそうで、朝にはテント内の水が凍っていたとか。
お疲れ様でした!また本年も宜しくお願い致します。

投稿: いたばしAB303 | 2010年1月11日 (月) 22:41

>いたばしAB303さん

ちょっと当局のRC参加がサボリ気味ですが、交信ありがとうございました。
同場所にVUアンテナを揚げておられた方のテントは存じております。「良いアイデアだなぁ」と感心しておりました。
それを見て、当局も思いついたことがあるので今度実践してみようと思います(笑)

こちらこそ本年も宜しくお願い致します♪

投稿: チバKX56 | 2010年1月12日 (火) 00:08

大変にご無沙汰しております!あちらでは随分とお世話になりました。VL23ご購入されたのですね。国産ダブルウォールの安心感がありながら、軽量で、本当にいい幕ですよね。
それにしても、無線機材背負って正月の雲取とは!絶句です、、

投稿: kimatsu | 2010年2月 4日 (木) 10:33

>kimatsuさん

お久しぶりです^^。
ブログを無線主体にするつもりでしたが、アウトドアもちょくちょく書くことにしました(^^ゞ
kimatsuさんの記事も時折拝見しております。中でもエレファントットが参考になったので当局も購入しました^^。
津田沼のお店もちょくちょく見に行ってます。

VL-23の総重量は思ったより重いのですが、まぁどれもこんなものなのでしょう。
無線機材は最小限なのでザック総重量16kg、水1.5リットル込みです。
水場はあるのでもっと軽く出来ました(^^ゞ
奥多摩小屋までは、坦々と歩けば着いてしまう場所なのでお気に入りです。

投稿: チバKX56 | 2010年2月 4日 (木) 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲取山運用 | トップページ | NANGA オーロラ600DX(ショート) »